430MHz帯用J型アンテナ


短縮モービル・ホイップ

アンテナの中央部の写真
基本説明図
 アンテナの形がアルファベットの[J]に似ている所から、「J型アンテナ」と呼ばれている、アンテナがあります。
 このアンテナは430MHz帯の場合小形に作れ、モービル用として最適です。
 アンテナはダイポールアンテナと基本的には同じです。普通のダイポールアンテナが中央から給電するのに対し、1/4波長の回路を使って、端から給電するのが特徴です。

 動作は良くいわれている「ノンラジアル」アンテナとなり、ラジアルはありません。

マッチング

マッチング図
 市販の300ΩTVフイダーを使って、マッチングを取りました。
 下から3cm前後の所にインピーダンスのマッチングポイントが有ります。これで50Ωに合わせます。
 TVフイダーは平衡形なので、不平衡の同軸ケーブルに直接付けるのは良く有りません。

 そこで、良く使われている「シュペールトップ」を使います。これは1/4λの線(編線)を同軸ケーブル上に付けて作りました。
 3D−2Vを使いましたので、一回り大きい5D−2Vの編み線が必要です。
 この様に「インピーダンスのマッチング」と「平衡マッチング」の二通りのマッチングが、このアンテナでは必要です。

材 料

[ 部品表 ]
項 目説 明数量
コネクターMP−71個
ビス3mmx5mm2個
ビス3mmx7mm2個
ナット3mm2個
TVフイダー300Ω 20cm
同軸ケーブル3D-2V20cm
(編線を使う)5D-2V20cm
鉄線3mm40cm
水道管VP−1328cm
 特別な材料は有りませんので、DIYのお店とハムショツプで手に入るでしょう。
 コネクターはMP−7を使います。これは筒の部分に使う水道管(VP−13)が、ちょうど入る大きさです。

 マッチング部分は300ΩのTVフィダーを使います。上の1/2波長部分(エレメント)はTVフィダーでも良いのですが、モービルホイップとすると、ブラブラするので手持ちの鉄線を使う事にしました。これだとしっかりします。
 同軸ケーブルは手に入る物でかまいません、手持ちの関係で3D-2V(50Ω系)を使いました。

製 作

エレメントの止め方
 鉄線はビス2個を半田付けして、後で水道管に取り付けます。この辺はいがいと面倒です。
 ビスに力が加わるので「普通の半田」では少し強度が不安です。出来れば「強力ハンダ」を使って付けましょう。
 同軸ケーブルはシュペールトップ型にし、これにTVフイーダーを図の様に加工した物に付けます。カット部分は周波数調整時に切ります。

 下部のマッチング部分は水道管(VP-13) に入れて、この部分を保護します。
 もし、コネクターが入りにくい様でしたら、水道管をガスコンロ等で暖めるとやわらかくなるので広げて入れる事が出来ます(必ず手袋を使い火傷に注意する、誰かは火傷してます(^_^;)。
 コネクターは2.5mmの穴を開け、3mmのタップビスでネジを切ります。これで 3mmのビスで前後から水道管をしっかり固定出来ます。ビス止めするのは、水道管に接着剤が効かない為です。
全体組み立て図

調 整

SWR図
 全体が組み上がったら調整です。上部の長さを一応[ 335mm]にして、SWR計を見ながらTVフィダーを 5mmづつカットして、SWRを 1.5以下にします。
 次に、上部の鉄線を1-2mmづつ切りながらSWRを下げます。切り過ぎたら残念ですが初めから作り直しになるので、SWR[1.3] 以下で合格としましょう。

 SWR表の凹んだ位置を433MHz に合わせます。ここで給電部の位置(TVフィダーと同軸ケーブル)を調整して[1]近くまで追い込みますが、一方を変更するとお互い影響し合うので数度の調整が必要です。
 もし、SWRが 1.5以下に下がらない!のは、何処か寸法が間違っているので全体を調べて下さい。
 調整が終わったら、水道管の上部をエポキシパテ(市販されている)でふたをして、完成です。

出来上がりましたか!

完成図
 飛びは5/8λ(1段)GPよりも少し良い程度です。ローカルのレピーターがよけいにアクセス出来ました。
 このアンテナはマッチング回路が付いてますからその分、車に取り付ける位置が高くなる為でしょうか、飛びの効率が上がってる感じがしました。
 このアンテナをモービル用として、活用して下さい、FB DX!
 2005/2 現在、このアンテナを時折出して使っています。しっかり作っておくといつまでも使えます。
 お薦めしたいアンテナです。

[メニューへ(Menu)](To Antenna menu) [Home]

inserted by FC2 system